FC2ブログ
知って楽しい名言集&豆知識!
知って面白いな~という雑学や格言を集めました~ 良ければ見ていってくださいな~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サミュエル・ジョンソン
・恋は愚か者の知恵であり、賢人の愚行である。


・短い人生は時間の浪費によって一層短くなる。


・人生を過ごすうちに新しい知人を作らないなら、やがて独りぼっちになるだろう。
人間は常に交友関係に手を入れておかなければならない。


・人は一冊の本を作るために、図書館半分をひっくり返す。


・若い時は、人々の意見で善悪の判断をするのが普通である。
年を取ると、自分の何の物差しもないのに興味本位で振る舞い、
その上、何の徳があるわけでもないのに恥ずかしさを感じない。


・金を浪費したり、貯蓄する者はもっとも幸せな人々である。
というのは、両者ともそのことを楽しんでいるからである。
―「ジョンソンのボズウェルの生活」―


・思慮分別は人生を安全にはするが、往々にして幸せにはしない。
―「怠け者」―


・音楽は背徳を伴わない唯一の官能的な愉しみである。
―「格言集」―


・人生は、次々の享楽ではなく、次々の欲望のうちに終わる。


・家庭の幸福があらゆる野心の到達点である。


・人生には、友情よりも気高い快楽はない。


・誰もが、自分の考えている本当のことを発言する権利を有するし、
誰もが、それを破壊する権利を持つ。
―「ジョンソンのボズウェルの生活」―


・愛国主義は、無頼漢たちの最後の避難所である。
―「格言集」―


・賞讃は借金を背負い込むようなものだ、だが、へつらいは贈り物だ。


・釣り竿は一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である。
―「語録」―


・辞書は時計のようなものだ。いい加減な辞書なら無いほうがいいし、
最もよい辞書でも完全に正しいと期待することはできない。


・お互いの臆病が我々を平和に保つのだ。もし人類の半分が勇敢で、半分が臆病だったら、
勇敢なものは絶えず臆病者を打ち負かすだろう。彼らは絶え間なく闘っているだろうから。
けれども、みんなが臆病者だからわれわれは大変うまくやっている。


・我々は、我々がよく知らない人たちを信じがちである。
というのは、彼らは我々をけっして欺かないからである。
―「怠け者」―


・今から一年も経てば、私の現在の悩みなど、およそくだらないものに見えることだろう。


・残酷物語ほど関心を喚起するものはない。敵がいかにして子供を惨殺し、
処女を強姦したか、というニュースの報道で失敗することはまずない。
―「怠け者」―


・全ての人を称賛する者は、誰をも称賛しないとのと同様だ。
―「ジョンソンのボズウェルの生活」―


・レジャーと好奇心は人類に有益な知識を発展させる。
しかし、つまらない争いごとや、骨の折れる仕事からはなにも生まれない。


・もしある人が自分の不幸な出来事について話したら
そこにはなにか楽しんでいるものがあると思って差し支えない。
なぜならば、本当にみじめさだけしかないとしたら、その人はそんなことを口にしないだろうから。


・金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である。


・収入を内輪で使いなさい。年末にはいつも幾らかの余裕を残すようにしなさい。収入よりも
支出を少なくするようになさい。そうしている限り、一生たいして困ることは絶対にありません。
―「手紙」―

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://zatugaku1002.blog.fc2.com/tb.php/70-0b7c07ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。